ライフファクトリー はてログ

〜アラフォーからの人生改造計画に取り組むブログ〜

寝ない子はダメ!寝た方が良いに決まってる!

1日8時間はウソ!?本当にベストな睡眠時間とは?

 

眠れない時が時々あります。

そういう時はどうしてますか?

眠れない日の次の日はどうも調子が悪いことがほとんどです。

以前は接待などで夜遅くまでお付き合いもあり次の日はまったく仕事にならないことしばしばありました。コロナ禍でそれが無くなったのは睡眠不足解消には大きなプラスと思います。

 

睡眠時間は短くても長くても良くないとの報告が米国の研究で発表されているとのこと

※出所 大塚製薬のサイト

図14睡眠時間は長くても短くても健康を損なうリスクを高める
男女ともに死亡リスクがU字カーブ

男性

アスパラプロリンによる寝覚め改善を示すグラフ

女性

アスパラプロリンによる睡眠の質改善を示すグラフ

110万人超の男女を対象に約6年間追跡調査。睡眠時間と死亡リスクの関係をみた米国での研究。死亡リスクは、睡眠時間7時間を1とした時の相対リスク。睡眠時間と死亡リスクの間には、U字カーブがみられた。

 

ほんでもって理想の睡眠時間は?

年齢とともに変化するようです。年と共に睡眠時間は短くなる。

40代のわたしは6.5時間が理想平均のようです。

早寝早起きで22時~6時くらいがいつもの睡眠時間ですので6時間くらいですかね。

もうちょい寝てもよさそうです。

 

図15

5~102 歳の健常人3,577人(5-19歳:1,186人,20-102歳:2,391人)を対象に実施された終夜ポリグラフまたはアクチグラフから得られた睡眠変数(総睡眠時間,睡眠潜時,睡眠効率(睡眠/(睡眠+覚醒))、Stage1(軽睡眠初期)、Stage2(軽睡眠期)、徐波睡眠(深い睡眠)、レム睡眠(浅い睡眠)、覚醒時間、入眠潜時(覚醒状態から眠りに入るまでの所要時間))をプールし,年齢による睡眠変数への影響についてメタアナリシスを行った結果。縦軸は睡眠中の各ステージを占める時間、横軸は年齢。加齢とともに睡眠ステージの割合や睡眠時間は変化。睡眠時間は徐々に減っていき、65歳で必要な睡眠時間は6時間となる。

 

あまり睡眠時間にこだわりすぎても良くないようで、夜遅くても、とにかく寝ること、寝る時間を確保する方が重要だと結論付けられていました。

 

出張が多い方ですと、寝る場所や環境がことなると寝付けなかったりすることあります。

寝ないと翌日に影響がでるので寝たいのですが、うまくコントロールできないこともしばしば。

お酒の力を借りるのも手かもしれませんが、健康的ではない。

 

そんなこともあり、もっぱら蒸気でアイマスク めぐりズムを活用しています。

1箱12枚入り 香り付きのもの含めて3種類くらいあるのを大人買いしています。

寝る前につけてそのまま寝落ちするくらい気持ち良いです。

寝付けないときはぜひお試しください。

コスパ良いかと思います。

そもそもマットレスやまくらにコストかけるべきかもしれないですが、すぐできることとして良いかなと思います。

※めぐりズムに関して科学的根拠また調べてみます。

今日もめぐりズムで寝ます💤

最後までお読みいただきありがとうございました。