ライフファクトリー はてログ

〜アラフォーからの人生改造計画に取り組むブログ〜

娘のピアノ発表会 娘の旋律!

ピアノ発表会

 

帰省の目的でありました、小学2年生の娘の晴れ舞台です。ピアノの習い事を1年生から始めて2回目のピアノ発表会となりました。昨年はコロナの影響もあり、ビデオでしか見れてなかったので、とても楽しみでこの日が来るのをワクワクドキドキしながら心待ちに(^^) 毎日彼女のピアノの練習する音を在宅ワークしながら聴くもの楽しみのひとつでありました、課題曲ソロと連弾の練習、日々のレッスンでの練習など、少しづつ成長も感じれることやはり家族で過ごせる当たり前の日常の大切さをいま実感してしまいますねー 単身赴任の辛いところでもあります。。。

 

ピアノ教室は先生自宅での教室でマンツーマンレッスン、1:2レッスンのようです。

ピアノのレッスンて月謝💴高いイメージでしたが、先生のところは驚きの良心価格です。生徒数も先生お一人ですので、お知り合いの紹介からしか受けていないようです。優しく根気よく教えてくださるので娘も楽しそうにレッスンに通えております、先生ほんとにありがとうございます。神対応とはまさに先生のことだと思います。

次女も4月よりピアノレッスン開始予定です。

姉妹でいつも付き添いで一緒なので、本人ももう習ってる感覚かもしれません(^^)

とはいえ正式にレッスンを受けるには頑張って貰いましょう!

姉妹での連弾を今から勝手に妄想してニヤニヤしてしまいますね。

 

肝心の発表会は市内のホールでの開催でした。

3番目の順番が来るまでの間は何とも言えない緊張感がありました。

娘も緊張していた様子で、演奏前半は少し緊張していましたが、徐々に練習の成果を発揮してくれました。無事にピアノを弾き、舞台真ん中でお辞儀をする姿に成長を感じますね。

 

席に戻ってきた娘のやり切った笑顔が印象に残りました。

この日のために練習を継続してきた甲斐がありましたね!

よくがんばりました!

この一言に集約します。

 

ピアノをずっと継続してほしい。大人になった時、喜怒哀楽いろいろなシーンにピアノが支えになってくれるはずです。

そうなると本当に良いですし、そう信じています。

 

ピアノの先生に感謝しかありませんね。毎週通わせてくれている嫁さんにも感謝。

来年も素敵な演奏を聴かせてくれること楽しみに、仕事に単身生活に奮闘していこうと改めて思い、ブログに残します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

日記と化してますが、気にせず書いていきます。