ライフファクトリー はてログ

〜アラフォーからの人生改造計画に取り組むブログ〜

6年生を送る会 感動したよ!

f:id:immnn:20210315154015j:plain

enjoy!


6年生最後の大会

 

わが息子と娘が所属している子供会ソフトボールチーム。

6年生を送る最後の大会がホワイトデーの日曜日に開催されました。

わが子たちは初めて背番号を貰えて、うれしそうな表情が印象的です。

背番号っていいですよね。

 

気になる天気は、前日とは打って変わっての好天に恵まれ、朝から試合と午後からは6年生の遠投大会、ベースランニング大会、バッティング大会、そして各チームの6年生4チームに分けての最後の試合が行われました。

 

6年生ともなると迫力があります。

遠投も50m超える女の子もいたりと圧巻でした。

打球の速さ、守備も軽快で見ていても気持ちが良かった!

おじさんはただただ楽しませてもらいました(笑)ほんとすごい!

うちの子たちはまだ先ですが、数年後の姿を今の6年生の姿に重ねてしまいます。

 

この子たちのように礼儀正しく、成長してくれることを願って。

 

わたしも小学生の時は子供会のソフトボールチームに入ってました。当時は今と違ってわりとスパルタな指導方法でした。水はダメ、ケツバットに罰走など当たり前でしたが夢中でボールを追いかけていた記憶が蘇ります。

今と昔は大きく違えどひとつのことに打ち込むことはのちの人生の糧となることは、経験側からも言えるとおもいます。

 

年を重ねた現在、キャッチボールしたり、球拾いでも気分転換になります。習い事がたくさんある時代ですが古くから残っている習い事もなかなか良いですよ。

同世代のパパさん、ママさんとの交流もできますし、子供にとってもそういった“場所”があることで安心感を得てくれているのではと、親として思います。

 

ご近所の方々や、習い事関係での関わりの中で、多くの方々が子供たちの見守りも含めて協力いただいていることに感謝しかないです。

世の中ずいぶんと変わってきているように思えますが、デジタルでは超えられない、変えられないことの方に多く気づかされますね。

 

なんだかまとまりませんが、6年生は大会が中止したり、学校行事など多くのことに「影響を受けられたと思います。この経験をぜひ未来に活かしてほしいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。